大学生でお金を借りる際に知っておきたいこと

大学生としてお金を借りる場合、学生であることを隠すと良いでしょう。消費者金融を利用する際、審査を受けるときに身分証明書を提出しなければなりません。このとき、学生証を使うと、本人の確認ができても、お金を借りることができる金額が小さくなる恐れがあります。これは、大学生である場合、収入額が低いと判断される可能性があり、将来、返済が滞ってしまう可能性を低くするための処置です。だから、利用金額を大きくしたい場合は、免許証や保険証を利用することがオススメです。さらに、職業もフリーターとしておき、大学生であることを伝えないようにしましょう。これについて、特別な調査を受けるわけではないので安心です。また、アルバイトをしている必要があり、それが主な収入源であることを伝えなければなりません。このとき、勤務先情報を伝え、存在していることを確認してもらいます。それに加え、収入がいくらなのかも伝え、借りられる金額の上限の目安にしてもらいます。これで問題なくお金を借りることができ、さらに十分な金額を確保することができます。ただし、大学生であることから、安定した収入を確保できない場合、返済に苦労することがあるので注意しましょう。お金を借りる際、必要以上に借りないようにしておき、返済が少しでも楽になるようコントロールすると良いです。これで返済に苦労せずに済み、大学生として勉強とアルバイトをしつつ上手に返済できるでしょう。
お金を借りる方法のすべて|お金を借りたい時に確認すべき11の項目はこちら

ブラックリストでもお金を借りる裏技!

返済の遅延が長期間続いたり、債務整理したりしてブラックリストになってしまうとお金を借りることが困難になりますが、借りられないわけではありません。まず、ブラックリストとは個人信用情報機関に前述の異動情報が記録されている状態を指すものですが、貸金業者などの金融機関が融資する際に参照できるものであり、一般人は参照できません。そのため、親族や知人にお金を借りるときには、多額の借金で困っていたことを知られていなければ気付かれて警戒されることはありません。
金融機関からお金を借りる場合、銀行や大手の消費者金融では、無理に貸し倒れリスクの高い相手と取引しなくても顧客が多くいるため、ブラックリストになっていると利用できません。しかし、中小の消費者金融では顧客を確保する必要があるため、ブラックリストになっているというだけで審査に落とさないところもあります。ただし、現在の返済能力が十分になければお金を借りることはできません。また、債務整理が原因の場合、その種類によって断られる場合もあるので、融資条件を満たしていることを確認しなければなりません。
また、お金の用途によって他にも借りる方法があります。例えば中古車を買うためにお金を借りる場合、中古車販売店の自社ローンが利用できます。一般的に販売店は貸金業者ではないため個人信用情報機関の記録を参照することができません。そのため、ブラックリストであっても収入があれば利用できます。
また、ブラックリストになっても問題を解決して5年間経過すれば記録はなくなります。そのときに利用していた金融機関には記録が残されているので審査に落とされますが、他の金融機関であれば十分に期間を空ければお金を借りられます。
お金の借り方完全ガイド|どうしてもお金が必要な時お金を借りる方法はこちら